170921 土佐和紙【川崎マンションR17】

2017.09.21 Thursday

0

     

    こんばんは、マツザワ設計 松澤有紗です。

     

     

    今日は川崎マンションリノベの現場へ行ってきました。

     

    建て主さんも立ち会い、来月お引越しに向けて色々と最終確認を行いました。

     

     

    栗の丸太まわりの工事が進み、書斎スペースが形になってきました。

     

     

    リビングと書斎の間は小窓がついています。

    ここには透明ガラスが入ります。

     

     

    窓の構成上だったり、建て主さんとの色々な打ち合わせを経て、

    できあがった書斎スペースです。

     

    この小窓があることで、書斎のある寝室の窓からの明かりがリビングまで入ったり、

    人の気配も感じることができます。

    お子さんにとっても、楽しい空間になりそうで、私も楽しみです。

     

     

    寝室側から見た写真です。

    右側が書斎スペース、左側には奥にキッチンが見えます。

     

     

     

    キッチン廻りも工事が進んでいます。

     

     

    元々キッチンは壁に向かってあり、リビングダイニングに背を向けて配置されていましたが、

    家族と会話ができる様、対面式に変更し、つながりのあるキッチンにしました。

     

     

    正面の洗剤ポケット(調味料などを置く収納スペース)や右側の格子により、

    繋がりながらも手元はあまりオープンにしない造りになっています。

     

     

    キッチン正面の化粧梁には配線ダクトを埋め込んで照明器具をつけます。

    また、梁にフックなどをつけて植物をぶらさげたり。

     

     

    木格子は、天井に取付けるために必要な部材(赤矢印の部材)をできる限り小さくしてもらい、

    すっきりとした納まりにしてもらいました。

     

     

    この家では全般的に、壁は漆喰、天井は土佐和紙を採用しています。

    今日はクロス屋さんが天井に土佐和紙を貼るための下準備をしていました。

     

     

     

    ボードの継ぎ目やビスをパテで埋めて平らにします。

     

     

     

    来週頭には天井の仕上工事が終わりそうです。

     

     

    来週からは左官屋さんも工事に入ります。

    予定が合えば建て主さんが漆喰に手形をつけたいとのこと…

     

     

    これは2011年にお引き渡しをした中野の家。

    お子さんの手形は、時間が経つと成長も見れます。

    祖父母の家に行ったときに、柱に身長を刻むような感覚でしょうか?

    その頃を思い出せる跡って良いですね。

     

     

     

    来月、10月7日に見学会を開催いたします。

    詳しくはこちら>>>

    お申込みお待ちしております。

     

     

     

     

    --*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

    近日開催イベント 

     

    2017

    1007(土)   木の家マンションリノベーション@川崎 完成見学会 予定

    1014(土) 家づくりカフェ@マツザワ設計

    1019-24   楽風展@浦和・楽風

    1111(土) 家づくりカフェ@マツザワ設計

    1209(土) 家づくりカフェ@マツザワ設計

     

     
    --*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


    マツザワ設計
    http://www.aa-mat.net/


    ari